本当に出会えるアプリ

素人と出会えるアプリってあるのか?

さて素人と出会えるアプリはあるのか?
もちろんあります。

 

しかし、このページで説明したように、
デリヘル業者や待機待ちデリヘル嬢が素人のフリをしていることもあります。
エロ目的なら上のページで紹介したアプリをオススメします。

 

でも、一般の素人と出会いたい人は、あまりエロがないアプリのほうをお勧めします。
それはこのページで説明しているYYCのアプリです。

 

全体的に真面目な出会いが期待できるし、
登録している女性も一般の素人が多いです。
その代わりにエロ、割り切りなどの出会いはあまりありません。

 

ミクシーという誰でも知っている大企業だから
男女ともに安心して登録して利用しています。
だから、他と比べても一般の素人の女性が多いのです。

 

運営側も真面目な出会いを推奨しているのでその点でも安心が出来ます。

 

中には婚活アプリとしても利用している人もいるくらいのアプリです。

 

 

ここまではアプリ選びでのオススメを紹介しました。

 

では、本物の素人と出会うには実際にどうのようにすればいいのでしょうか?

一つは下でも紹介する
失恋の状態の女性を狙うやり方です。
それ以外では、
出会い系のプロフやメッセージ、掲示板での見分け方です。
簡単にポイントを挙げると

プロフィールの画像が怪しくない

美人すぎたり、不自然に顔が隠れている写真は要注意です。
一般の女性が写真を用意するとしたら、
旅先や友達と撮った写真などを使うでしょう。
※その画像を加工して使います。
一人で撮る場合もありますが、
後ろを向いたり、セクシーすぎるようには撮影しません。

見分け方

最近では、アプリで撮影してプリクラのようになるものが多いです。
目が大きくクッキリとしたものや、動物のようにかわいらしく装飾されるようなものです。
そのように、一般の女性が使うようなもので撮影された写真は
素人の可能性が高まります。

 

隙がありすぎる場合も要注意

ガチガチに条件が厳しい女性を避けてしまい、
すぐに出会おうとして、隙がありすぎる女性を選択してしまう人も多いです。
これは、男性心理も影響しているのでしょうけど、
難しそうな条件を出している女性ほど、素人の可能性が高まります。

 

登録した日時を確認する

素人ではない女性の場合は、最近登録したばかりと言う事が多いです。
逆に言えば、長く利用している女性はその分、素人の可能性が高まります。
※そのような女性は、経験も豊富なので簡単には攻略出来ないかもしませんが
結果的に、素人の女性はそのようになかなか簡単には出会えません。

 

 

 

下で紹介する体験談は、失恋した女性を狙ったものです。
このように相手がどういった状況でどのような心理なのかを
考えながら攻略するのも楽しみ方の一つです。

失恋後の女性を狙おう

素人と出会うためにアプリに登録するきっかけは様々です。
暇つぶしという人もいれば、真剣に出会いを探している人もいるでしょう。
また、男女問わず多いのが失恋をきっかけに
新たな出会いを探す為に登録するというものです。
実際に、失恋を忘れるきっかけとして、登録を提案しているホームページもあるほどです。

 

失恋のように、何らかの傷を負った女性というのは、特に狙いやすい女性です。
何故なら、アプローチをすると、こんな自分に興味を持ってくれる男性がいるんだ!
と喜んでもらえるからです。
中には、わざと失恋した事を掲示板などに書き込む女性もいます。
こうした女性は、期待しているのがとてもわかりやすいので、
男性としてもメッセージを送りやすいんです。

 

メッセージを送る際には、基本的に同情する内容にしましょう。
自分自身の事をペラペラと話すのではなく、
相手の話を聞くスタンスが基本です。
そして、失恋の愚痴をこぼすようであれば慰めつつ、
失恋の愚痴に相槌を打ってあげましょう。

 

相手の話をを聞いていると、明らかに女性が悪いのでは?
と思う事があるかもしれません。
そんな時も、女性を責める事は絶対にしてはいけません。

 

必ず女性が被害者であると考えて
「何も悪くないよ」
と伝えてあげましょう。
何故ならその言葉こそが、女性が欲している言葉だからです。

 

 

失恋後の女性は、自分自身に価値がないのでは?
という心理に陥りやすいそうです。
そこで、そのままでも十分価値のある、魅力的な女性である
という事を教えてあげると、一気に女性の心を掴む事ができるのです。
これなら、初心者の男性でも、出会いまで持ち込める可能性はあります。

 

中には、弱みにつけこむなんて!
と思う人もいるかもしれません。
でも、実際につけこまれてもいいと思って利用しているのは女性側です。
それなら、その心理を活用して出会いまで持って行っても、問題はないのではないでしょうか?